母乳ケアだけでは母乳トラブルが改善し辛い理由

マミーケアルーム38mwの母乳ケアは、あえて整体母乳ケアとさせていただいております。そのため他の母乳ケアより、お値段も高めになっております。

その理由のベースは

「母乳の流れは血液の流れ」
「母乳育児は赤ちゃんとママのハーモニー」

だからです。

母乳トラブルが起きる原因

乳房ではまず体から「新鮮な血液」が運ばれて入ります。
その「新鮮な血液」の一部は「母乳」に変換され、乳首から「母乳」として分泌します。
そして、残りの血液は乳房の老廃物を含んで「古い血液」として乳房からでて体に戻ります。
実はこの「古い血液」の流れが悪くなりやすく、それをきっかけに、

  • 母乳の詰まり
  • 母乳不足
  • オッパイが張り過ぎでガチガチ

が起こっています。

「古い血液」の流れが悪くなる原因は体の懲りや歪みです。
コリや歪みがあると、その部分の筋肉の動きが悪くなり、血流が悪くなります。
特に育児中は抱っこや授乳で肩や首、背中の筋肉に負担がかかり凝って辛くなりますよね?それは血流が悪くなっている状態です。

これらの肩・首・背中の筋肉の他に、実は、胸の筋肉もコリます。
胸の筋肉は抱っこなどの何かを抱える時などに働く筋肉なので、実は育児中はとても負担がかかり、凝って血流が悪くなるところなのです。

これら筋肉の懲りの血流の悪化によって「古い血液」の流れが悪くなり、乳房から出にくくなって、「古い血液」が乳房に溜まってしまいます。
オッパイが張って辛い時に、オッパイの血管が青く浮き出て見えるのは、この「古い血液」が渋滞している状態です。

この筋肉の凝りによって、体の深いところを通る「新鮮な血液」の流れは「古い血液」ほど悪くはなりません。
なので、乳房には血液が「入るけど、出て行かない」という状態になります。

そうなると、乳房のスペースが満員状態となり、母乳の分泌口の乳管が圧迫されて狭くなり、母乳の分泌も低下します。そうなると更に乳房は満員状態!最悪です。

こうなると…、母乳が停滞するので「母乳の詰まり」も起こりやすくなります。
この状態が続くと、「母乳不足」も起こります。

母乳トラブルの改善に必要なのは全身のケア

この状態を改善するためには、一番最初のところの「古い血液」の流れを改善すること!肩・首・背中・胸の凝りを取ることが必須になります。

ですので、マミーケアルーム38mwでは乳房だけでなく体全体の凝りをほぐすケアから始まります。

また、バランスの悪い姿勢のせいでも筋肉の凝りが起こり、血液の流れが悪化します。
なので、マミーケアルーム38mwでは、ケアで体全体の筋肉のバランスを整え、負担の少ない姿勢で、育児や授乳を行い、血流の悪化を予防して、母乳トラブルの予防をすることにも重きを置いています。

母乳トラブルの改善と予防のために、乳房だけではなく体のケアが必須となるため、マミーケアルーム38mwでは、乳房マッサージと体のケアを合わせた整体母乳ケアを行なっております。母乳の流れは血液の流れという事です。

時間も通常1時間30分かかり、授乳指導がある時は更に+30分で2時間かけて、じっくり対応させていただいておりますため、料金がお高めとなっております。

赤ちゃんの状態を見ることも必要

また、初回ケアの際には赤ちゃんケアの説明も受けていただきます。
母乳不足感でマミーケアルーム38mwにいらっしゃったママさんに母乳が足りないと思う理由を聞くと、「赤ちゃんが泣くから」と仰る場合が多く、他には「赤ちゃんが吸えない」「赤ちゃんの体重が増えていない」と赤ちゃん側ことで、母乳が足りていないと思っています。

なのに、ママさんのおっぱいだけ見てもダメですよね?

赤ちゃんが泣く理由は色々あります。
ママさんは、赤ちゃんを泣き止ませるために、色んなことをやってみてもダメで、ミルクをあげて、やっと泣き止んだのだと思います。どんなことをやってみたのか?お聞きします。
そして、赤ちゃんの快適な姿勢に着目した抱っこ、ねんね、授乳についてご提案します。

赤ちゃんは話すことはできませんので、母乳が足りないとは言ってくれません。
ママがそう思っているだけかもしれないのです。

泣きにつながると思われる赤ちゃんにとって不快なことを一つ一つ快適なことに変えて行き、そして、ママさんのオッパイの状況も合わせて、「赤ちゃんが泣いている」ことが本当に母乳不足が原因かどうかを判断する必要があります。

そのためには、まずママさんに赤ちゃんの快適な姿勢に着目した抱っこ・ねんね・授乳について知ってもらいたいと思っていますので、初回の整体母乳ケアの時には赤ちゃんケアの説明も受けていただいております。
なので、初回のケア時間は全部で2時間30分〜3時間を要します。

他にももちろん赤ちゃんの体重増加も重要なポイントとして合わせて見ていきます。

毎回60ml位ミルクを追加して、母乳分泌不足でマミーケアルーム38mwに来たママさんが、赤ちゃんケアと整体母乳ケアを受けて、赤ちゃんが泣かずに寝てくれるようになり、母乳分泌も増加し、完全母乳になったというママさんは、沢山いらっしゃいます。

母乳育児は赤ちゃんとママのハーモニーという事ですね。

赤ちゃんの快適な姿勢に着目した抱っこ・ねんね・授乳について、妊娠中からケアにきている方は、講座を受講していただいて、妊娠中から知って知識をつけていただけます。
そして、妊娠中から体を整えることにより産後の母乳育児に向けて母乳トラブルが起こりにくい体の準備をする事ができます。

母乳の準備も妊娠中からが大切です。

関連記事

  1. 妊活中、妊娠中はワークバランスを再検討しましょう

  2. 妊婦の腰痛は整骨院の前に助産院へ

  3. 妊婦さんの「しんどい」を軽減するさらしの作り方・巻き方

  4. 妊婦の理想的なお腹の形

  5. ママのぎっくり腰を防ぐには

  6. 下がったお腹はお産も大変に。。。

PAGE TOP