行儀が悪いだけじゃない!美しい座り方とは?

私には娘がいないのですが、電車などで見かける、女子中高校生の座り方がとっても気になります。

制服のスカートが結構短いのに、お股を開いて、、、おそらくスカートの中には何か履いているのだとは思うのですが、見えなければいいというものではないと思います。

実はこの座り方、行儀が悪い!ということ以外にも思わぬ弊害が出てきます。

代謝が落ちる座り方?

まず、足を閉じず、お股を開いている状態は、内転筋という内腿の筋肉を使っていない状態ということを頭に入れてください。

巷には、太ももの間に挟んだりして使う、「1日5分で!」みたいなダイエット器具が沢山ありますよね?

あれは全て、内転筋を鍛えています。

内転筋は体の中でも大きな筋肉なため鍛えると、代謝が上がり痩せることが期待できるという理論です。

なので、お股を広げて、座っているなんてなんと勿体無いことか。。。。

お金を出して、運動器具を買っても、器具を使っていない時に、足を開いていては、意味がありませんね。

足が太くなる座り方?

膝から下をハの字の座り方・足を組む座り方もNG!

この座り方は、どちらも、内転筋をあまり使っていません。

足を閉じているのがしんどい、開いていた方が楽、、、、でも、お股を広げるのは行儀が悪い。

だから、太ももだけは閉じるて、膝下はハの字に開いて、両足を支え合うようにしたり、

足を組んだいりしてると楽なので、思わずやっている場合が多いです。

このように内転筋をあまり使っていないということは、太ももの外側(外転筋)の方を多く使いっているということになります。そうなると、外転筋の方がよく発達します。

そうなると、太ももの外側の筋肉が太くなり、足が太く見える可能性があります。。。

さらに外転筋が太くなると、、、膝の上に筋肉が乗ってきて、ミニスカートやショートパンツなどの時に生足が。。。女性特有のすらっとした足ではなくなります。

骨盤が開いてしまう座り方?

内転筋は足を閉じる時に働くと同時に、骨盤を支え、広がらないようにしています。

かつ、外転筋の方がよく発達すると、足(股関節)が外にねじれて行きます。

そうなると、骨盤が広がります。

骨盤が広がると?

@お尻が大きくなる

@姿勢が悪くなる

@尿もれ

そして、内臓下垂などが起こりやすくなり、

@不妊

@妊娠中のトラブル

などにもつながっていくことが考えられます。

かつ、外転筋の方ががよく発達して足が外側にねじれていくと?

歩き方がいつの間にか、つま先が外を向いて、オラオラ系のお兄さんのようになってしまうかもしれません。。。。

足が浮腫みやすい座り方?

内転筋は下半身の血液などを、上半身へ引き上げる働きがあるため、内転筋を使っていない生活は、下半身の循環の悪さに繋がり、結果、浮腫みやすさに繋がります。

内転筋を鍛える座り方は?

足を閉じる座り方

と言っても、両足を太ももから足首までしっかりくっつけて閉じくださいね。

Instagramに写真をあげましたので、そちらをご覧ください。

行儀の悪い座り方は、その瞬間の見た目だけではなく、その後人生にも影響する可能性があると言うことです。

美しい座り方は美しいスタイルを作る。

美人は姿勢からですね。

関連記事

  1. 赤ちゃんの股関節脱臼の原因

  2. 赤ちゃんの手足が冷たいのは寒いだけじゃない。

  3. 安全なスリングの選び方と使い方

  4. ケアとはどんなことをするの?

  5. 女の子のママに知って欲しいこと

  6. 子供のおちんちんの洗い方

PAGE TOP