赤ちゃんの手足が冷たいのは寒いだけじゃない。

赤ちゃんって手足が冷たいことが多くないですか?

室温上げて、厚着させて、さらに布団かけて、、、、、でも赤ちゃんって万歳しいるから、手が布団から出ちゃうから、ミトンさせて、、、、でも冷たい。。。。

 だから、小児科の先生や、保健センターの保健師さんに相談したら

「赤ちゃんの手足は冷たいものです」って言われたことないですか?

この答え私的には????です。

だって、赤ちゃんの手足暖かくなりますよ〜。

赤ちゃんの手足が冷たい理由は?

寒いだけじゃありません!

当然、寒いところだったり、薄着だったりしても手足冷たくなります。

でもそれ以外に、、、、実は

「緊張」

による循環の悪さがあります。

緊張って???ですよね?

皆さんも、緊張して手が冷たくなった経験はありませんか?

それと同じことが赤ちゃんに起こっているのです。

なぜ緊張しているのか??

緊張している、と言うより、リラックスできていないと言う方がぴったりかもしれません。

赤ちゃんがリラックスできない理由は、赤ちゃんの姿勢にあります。

赤ちゃんがリラックスできる姿勢は「まんまる姿勢」です。

この「まんまる姿勢」が取れていないと、リラックスできずに緊張します。

赤ちゃんは緊張するといろんな反射が出やすくなります。

そのせいで向きぐせになってしまうことがあります。

この「向きぐせ」「まんまる姿勢」などについては

「向きぐせの予防と対策」

「赤ちゃんを置くと起きてしまう背中スイッチと言う現象」

「赤ちゃんが眠ってくれました」

と言う3つの記事をご参考になさってください。

で、赤ちゃんの手足の冷の話ですが、このリラックスできる姿勢をとってもらえないと、室温を上げても、厚着しても、布団かけても、ミトンしても緊張で血流が悪く、手足は暖かくならないです。

本来、赤ちゃんの手足は暖かくて、ピンク色をしています。

赤ちゃんの手足が冷たくなっていると、写真のように皮膚がマダラな模様になっていることがあります。

これはチアノーゼです。

血流が悪くなっている証拠です。

保温してリラックスさせてあげると、暖かくなりピンク色になってきます。

緊張が続くと、

うんちが出にくくなります。

ケアルームでまんまる姿勢でお布団に寝ていると、赤ちゃんがうんちをすることが多く、「便秘なのに〜よかった〜」と言うママさんが多いです。

そう言う時の赤ちゃんは手足が暖かくて、ピンク色しています。

赤ちゃんは眠たくなると、手足が暖かくなることが多いですよね?。

ですので、手足が冷たいと眠れないとも言えます。

赤ちゃんは手足が冷たくならないように、保温とリラックスがとても大切です。

関連記事

  1. 向きぐせの予防と対策

  2. 助産師の私が子供に伝えている食事の話

  3. 赤ちゃんを置くと起きてしまう背中スイッチという現象のこと

  4. おんぶはいつから?

  5. 首さえ支えれば首座り前から抱っこ紐の対面抱きはOK???

  6. 赤ちゃんの股関節脱臼の原因

PAGE TOP