DSC_0801

3/19、am3:44に、3152グラム、47.8センチの男の子
前日の検診で卵膜剥離して、夜、前駆陣痛から本陣痛になり、入院したときには既に5センチ。その後2時間ほどで産まれましたようです。

こちらのママさんは3人目の出産、初・男の子!。2人目の妊娠中からのお付き合いです。

1人目は切迫早産で長いこと入院の末、退院できずに出産・・。
2人目はケアルームに来た時にはすでに妊娠21週。初期に少量の出血があったために安静の指示がでていました。お腹が下がりやすいのでいつものようにさらしでお腹を支え、トコちゃんベルトで骨盤を支えて過ごしており、お腹は張りやすいものの、出血や子宮口が開いたり、短くなったり、柔らかくなったりの兆候はなく、前回の妊娠のこともあるからと病院からは慎重に極力安静にとのことでした。
後期に風邪をひいてしまい、ひどい咳がきっかけで、お腹が下がり、お腹の張りがひどくなり、内服薬を飲んで外出禁止!トイレ・お風呂以外は寝ているようにの支持が出てしまいました。
でも、入院にはならず、38週での入院してから4時間のお産でした。

で、今回は2人目の母乳ケアに通っていたのもあり、妊娠する前から継続的にケアをすることができていました。
その結果、ほとんど安静の指示も出ずに普通に2人のお子さんのお世話をしながら生活し、38週で今回は入院して2時間で出産となりました~。

やはり、早ければ早いほどケアの効果がある、切迫早産も自分の努力で予防できると言うことを実証したママさんです。